本文へ移動

社員ブログ

社員ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

松山支店 ビルトインコンロ新製品勉強会

2019-08-31
先日 松山支店ではメーカー様による新商品の勉強会がありました。
グリルでの実演もあり 試食もさせていただきました。
 
グリルでの時短料理がいろいろできる商品です。
10月末の展示会ではこの新商品も展示販売いたします。
 
 
 
 
 
 

家族で飲み会

2019-08-29
先日、京都にいる弟が遅い夏休みで帰省したので、有休を取って家族で居酒屋にご飯を食べに行きました。
自宅近くにある郊外の居酒屋で、広い駐車場完備で便利な『きときと』さんへ。
お刺身盛り合わせや馬刺し、焼き鳥など色々と頂きました。
生ビールを3杯くらい飲んだ後に、緑茶の酎ハイで終了。
続きは、コンビニで買った缶酎ハイで家飲みとなり、深夜1時過ぎまでワイワイと飲みました。
一年に一度くらいしか会えないので、ゆっくり話ができて良かったです。

雨の一日

2019-08-27

 朝から降り出した雨はやみませんが、おかげで真夏の気温から少し下がって過ごしやすいです。過ごしやすいのは人間だけではなく植物もなんとなくいきいきしているように思います。写真は我が家のオジギソウです。

 オジギソウというと、触るとパッと葉を閉じる、その姿は名前の通り「おじぎ」をしているようですよね。子供の頃から不思議に思っていましたが、この度子供の自由研究で仕組みがが判明しました。

 オジギソウの葉は、つけ根に空気まくらのような細胞がついています。この中には水分が入っており、ふだんはぴんとはっていますが、葉の先に指でさわると、葉からじくのところにある細胞に「さわられた」という信号が届き、細胞の中の水分が片方だけ抜けて縮んでしまうのです。すると縮んだ方を内側、縮まない方を外側にして曲がって葉が動くそうです。(この動きはさわったときだけではなく、強い光や熱に当たった時にもおきるようです。)

 一度おじぎをした葉はそのままにしておくと、ゆっくり元に戻っていきます。これは、抜け出した水分がまた元の細胞に戻るために、ふくらんでぴんとするからなのです。しかし元に戻るのは非常にゆっくりで、おじぎの時のように速くなくだいたい20分くらいかけて葉が開き元に戻る・・・という仕組みでした。

反応がおもしろいのでオジギソウの前を通るたびについさわって楽しんでいます。長文お読みいただきありがとうございました。

2019-06-14

年に一度の

2019-08-26
こんにちは
朝晩 なんだか涼しくなり このまま涼しくなればな~と思ってます。
24日(土)は年に一度の事業部発表会で高知の本社へ行って来ました。
行は地道で山道~!朝は車も少ないし 気温も低くてエアコンもなくてもOK
混むこともなく順調に~♪
2時間ほどで無事に本社へ
会議も順調にすすみ お楽しみのお弁当
ポテトサラダが美味しかった!
午後からも会議は順調に進み 無事に会議も終了しました。
その後は慰労会と送別会(それはまた後日)
楽しい宴の後、また松山へ帰ります!
もちろんお酒は飲んでません。
帰りの高速もガラガラ状態で スムーズに。
雨が降っているので あの虫がべちょべちょ車に張り付くこともなし!
ラッキーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
四国広瀬産業株式会社
-本社-
〒780-0935
高知県高知市旭町3丁目77番地2
TEL.088-825-2424
FAX.088-825-2651
 
-松山支店-
〒790-0941
愛媛県松山市和泉南4丁目5番地2
TEL.089-958-6100
FAX.089-958-6337
TOPへ戻る